五里霧中

オタクになりきれないオタクによる雑記

激闘!?色違いべベノム厳選!自己産を粘る理由とは?その確率は?

どうもこんにちは、たかみーです。

みんなポケモンやってるかな?

 

自分は色違いべベノムの厳選に悪戦苦闘中だ。。

 

色違いべベノムなら現在配信してるじゃないか、という人もいると思うのでなぜ自己産にこだわるのか説明したいとおもう。

自己産色べベノムが配布色べベノムより優れるのは自由度だ!

具体的に挙げていくと

  • 性格を選ぶことができる
  • NN(ニックネーム)をつけることができる

という点だ。

 

そしてレート対戦をするひとにとっては性格を選ぶことができる点は非常に大きなポイントとなる。

自己産べベノムが性格を選べるのに対して配布べベノムの性格は控えめ固定。

さらに配布べベノムはプレシャスボール固定だ。

 

これはつまり、プレシャスボールから出てきた色違いアーゴヨン(べベノムの進化形)は控えめであるということが相手にばれてしまうということである。

 

控えめアーゴヨンは拘りスカーフの所持を疑われやすい。もしこだわっていなかった場合は準速以下であることがばれてしまう。

ポケモンは情報戦であるとも言われる。対戦相手の型がわかれば対処もしやすくなるからだ。

配布アーゴヨンを使うことは最初から敵に情報アドを取られることに等しいのだ。

だから私は自己産色べベノムを粘っている。

 

それに、自己産のポケモンには愛着がわく。

なんだかんだこれが一番の理由なのかもしれない 

 

 

では、自己産色べベノムを粘ることはどれくらい大変なのだろうか。

 

光るおまもり(色違い確率を上げるアイテム)の効果はなく、その確率は1/4096と言われている。

現在筆者は50時間ほどリセットに時間を割いているが未だ出てきていない。(リセット回数は数えていないためあまりあてにはならないが…)

 

しかしシンクロ成功率100%であり、捕獲失敗もないのでぬか喜びをする危険性はなく、挑戦してみる価値は大いにあると思う。

 

現にツイッターのフォロワーさんのなかには二体粘った猛者もいる(普通に尊敬する)

みんなも自分だけの色べベノムに挑戦してみてはどうだろうか。