五里霧中

オタクになりきれないオタクによる雑記

社会不適合者なのでバイトの面接に落ちました^^

どうもこんにちは、たかみーです。

慣れない大学生活に悪戦苦闘していたので2か月ぶりの記事更新です。

 

唐突に本題に入るんですけど、バイトの面接に落ちました!!

初めてのバイト面接で、なんと落ちちゃったんです。

結果、やや弱腰になりいまだにまだ新しいバイトの応募ができてないです。(情けない

 

今回は僕のようにバイトの面接に落ちてしまう人が減ることを願って、また自分自身が次こそバイトに受かるように、面接の反省をしよう!という趣旨の記事になるのでこれからバイトを始めてみようという人は見ていってみてください。こいつだせーと思った人も全部見ろ

 

 

何がダメだったのだろうか

さっそくなにがだめだったのか考えてみましょう。

 

まず思いつくのは愛想の良さですね。特に普段から人相が悪いといわれる人は要注意です。自分は思ってなくても不機嫌そうに見られることは多々あります。(僕はよく目が死んでいる。楽しくなさそうといわれます)

また髪型もやはり清潔感のある長さのほうがいいと思います。ここでも人相が悪いといわれる人は要注意です。襟足や前髪が長いとより暗く感じるからです。

ここまででわかることことは、人相で誤解されやすいひとは人一倍努力する必要がある、ということです。

 

また当たり前のことかもしれませんが、なぜそこのバイトを志望したのかということはしっかりいえる必要があります。しかしこれは意外と難しいです。なぜならバイトをしようとする人の大半はとりあえずお金が稼げたらいいと考えるひとが多いからです。その次に考えられるのは時給や通勤しやすさであり、受験の時のように明確な志望理由はないでしょう。なので事前にしっかり準備することは重要でしょう。

 

どの求人サービスを利用するか、ということも重要だと伝えたいです。僕はとあるアプリを使用して応募しました。そして落選後は最新のフリーペーパーを読んだのですが驚くことにその企業は掲載されていませんでした。つまり僕が面接を受けた時点ではもうあまり必要としてなかった可能性があるのです。アプリの情報は古いものも残っており、田舎のほうの求人は載っていないこともあります。どのサービスを利用するのか、という判断も重要になりそうだということがよくわかりますね。

 

 

でもほんとにバイトが生活を豊かにしてくれるのでしょうか。ぼくはバイトをしていない生活でもそこそこ満足しているし、大学生活でいっぱいいっぱいです。でも新しいゲームが欲しかったり旅行に行きたかったりするのでバイトをしようと思いました。

欲しいものは手に入るけど確実に前より大変になる生活と、なかなか欲しいものは揃わないけど心身ともに余裕がある生活。一体どちらがより幸福なのだろうか。みなさんはどうかんがえますか?

 

 

 

 

 

 

 

激闘!?色違いべベノム厳選!自己産を粘る理由とは?その確率は?

どうもこんにちは、たかみーです。

みんなポケモンやってるかな?

 

自分は色違いべベノムの厳選に悪戦苦闘中だ。。

 

色違いべベノムなら現在配信してるじゃないか、という人もいると思うのでなぜ自己産にこだわるのか説明したいとおもう。

自己産色べベノムが配布色べベノムより優れるのは自由度だ!

具体的に挙げていくと

  • 性格を選ぶことができる
  • NN(ニックネーム)をつけることができる

という点だ。

 

そしてレート対戦をするひとにとっては性格を選ぶことができる点は非常に大きなポイントとなる。

自己産べベノムが性格を選べるのに対して配布べベノムの性格は控えめ固定。

さらに配布べベノムはプレシャスボール固定だ。

 

これはつまり、プレシャスボールから出てきた色違いアーゴヨン(べベノムの進化形)は控えめであるということが相手にばれてしまうということである。

 

控えめアーゴヨンは拘りスカーフの所持を疑われやすい。もしこだわっていなかった場合は準速以下であることがばれてしまう。

ポケモンは情報戦であるとも言われる。対戦相手の型がわかれば対処もしやすくなるからだ。

配布アーゴヨンを使うことは最初から敵に情報アドを取られることに等しいのだ。

だから私は自己産色べベノムを粘っている。

 

それに、自己産のポケモンには愛着がわく。

なんだかんだこれが一番の理由なのかもしれない 

 

 

では、自己産色べベノムを粘ることはどれくらい大変なのだろうか。

 

光るおまもり(色違い確率を上げるアイテム)の効果はなく、その確率は1/4096と言われている。

現在筆者は50時間ほどリセットに時間を割いているが未だ出てきていない。(リセット回数は数えていないためあまりあてにはならないが…)

 

しかしシンクロ成功率100%であり、捕獲失敗もないのでぬか喜びをする危険性はなく、挑戦してみる価値は大いにあると思う。

 

現にツイッターのフォロワーさんのなかには二体粘った猛者もいる(普通に尊敬する)

みんなも自分だけの色べベノムに挑戦してみてはどうだろうか。

 

 

 

 

 

未解禁メガストーン配布とインターネット大会【サンムーン】

こんにちは、たかみーです。

 

サンムーンで未解禁メガストーンのうち、クチートナイトとスピアナイトがインターネット大会参加者のみに配布されるということで物議を醸してましたが、インターネット大会エントリー開始日の昨日は案の定大荒れしましたね(笑)

 

全世界のポケモンユーザーが限られたインターネット大会参加権を奪い合ったのでサーバーが落ち、PGLにログイン出来なくなっていたらしいですからね、荒れるのも無理もないでしょう(苦笑)

 

もっとうまく配布することは出来なかったんでしょうか。

 

メガストーンを一定期間かけて配布することで少しずつ変化する対戦環境を楽しめる、というのはいいアイデアだと思うんですが、これじゃ公式が対戦第一主義を推しているようにもみえますよね。対戦をしないけどメガクチートが好き、というユーザーもいると思うのにクチートナイトを手に入れるにはインターネット大会に参加しなければならないというのはどうなんでしょう。

 

「どうせ後日配布されるんだ。対戦しないやつは急ぐことないんだからそれまで待てよ」

こんな意見もあるかもしれません。

そうなんです。確かに今回のメガストーン配布はあくまで先行配布で、最終的には全ユーザーが受け取ることは可能になっているのです。

 

でもだからこそ先行配布するメリットが全くないと僕は思います!

むしろデメリットまで産み出していると思います。

 

まず、最終的に全ユーザーに配布をするのに配布時期を二度にわける意味は少ないと思います。

 

次に、今回の最大の被害者は真剣にインターネット大会に参加したかった人たちでしょう。

インターネット大会には参加者数に上限があります。普段あまり対戦をしない人やインターネット大会には興味のない人がメガストーン目当てに参加してしまうと本来参加したかったユーザーが参加出来なくなる、という可能性もあります。また、そういったメガストーン入手目当てのユーザーはメガストーン入手条件である3戦だけして以降は対戦しない、という可能性が高いので大会のアクティブユーザー減少にも繋がりかねません。

 

以上のことからインターネット大会参加者にのみメガストーンを先行配布する意味はあったのか、僕には疑問が残ります。

 

 

少しまとまりのない文になってしまいましたね(笑)次から気をつけます。

ここまで読んでくださりありがとうございました

 

Twitter→@Takami_poke29

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ブログはじめてみました!

はじめまして、たかみーと申します。
なんとなくブログはじめてみました。

このブログではゆる~く色んなゲームの感想やプレイ日記のような物を書いていこうと思います。

特に好きなゲームはポケモンシリーズですが、アクションやRPGシミュレーションゲームなど色々なゲームをやります。FPSだけは苦手なので多分しません。

いつかポケモンレーティングバトルで結果を残して構築記事でも書けたらなぁというのがこのブログの一番の目標です。
んー、他に書くことは…
はじめての投稿なんでこの辺で許してください(^_^;

Twitterやってます→@Takami_poke29